スポンサーサイト --/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|


 gdr_a09 2009/11/30 (Mon)

 リリエが唐突に振りかぶった後、投げられた何かが自分のポケモンに直撃するのを見て、アイリは心底驚いた。
 相手トレーナーのポケモンに向かってモンスターボールを投げ、それを投げられたトレーナーが自らの手で叩き落とすというのは、少し前にテレビで流行ったジョークだ。それを現実に見ることはない。
 そもそも、ボールの製造を一手に引き受けるシルフカンパニーが、捕獲の重複が起こらないよう厳重なロックをかけているのだ。マナー違反、挑発、いくつかの単語が脳裏をよぎり、一瞬真っ白になったアイリだったが、ポケモンの前に落ちた残骸、空のカプセルを見て、すぐさま自分を取り戻した。
「リリエちゃん、どういうこと?」
 モンスターボールではなかった。だが、ポケモンバトルの明確なルール違反だ。自然と口調はきつくなる。
 だが、詰問じみたアイリの言葉をすり抜けるように、リリエは真っ向から答えた。
「えっと、今までのお礼、かなあ。それと、うちの新しい仲間があなたのことすごく気に入っちゃったの。なんていうかなぁ……とにかく、勝負しようよ!」
 道具と技の使用は互いに一度ずつ(ターン制)、そして、相手のポケモンに道具は使わない。
 相手のポケモンに道具を使ったこと、そして、バトルが始まる前に道具を使ったこと。
 通常ならば跳ね除けるべき試合だ。そもそも開始前にルール違反などすれば試合が始まるはずもない。
 だが、アイリはリリエと幼馴染と呼ぶべき関係で、意味もなくこのようなことをしないと知っていた。結局受けることにしたのは、使われた道具の問題で、
「相手のポケモンにスピーダーかけてどうするの? トリックルームじゃあるまいし」
 互いに手持ちのポケモンを熟知した間柄だ。使われたポケモンの試合中の速度を上げる道具は、敵に送る塩としか言いようがない。
「お礼だよ。私、アイリちゃんにいっぱい負けたけど、それって、アイリちゃんが勝つ姿を何回も見てきたってことなんだよね。
 あなたみたいなトレーナーになりたいと思ったし、なるって決めたの。だから、そのお礼」
 アイリはそう言い切ったリリエの表情に、知らないものを見た。
 随分長い間見てきた、常にリリエの端麗な容姿を損ねていた、臆病からのかげりを見失ったのだろうと、後で気づいた。

スポンサーサイト

| comment(0) |


 gdr_d08 2009/11/28 (Sat)

「あのね? ……ええと、リリエちゃん?
 ここの名前のところは、リリエ、って書くだけでいいのよ。
 戦うポケモンは秘密にするの」
 ジムの受付嬢が困り顔で登録用紙を差し出した。
おなまえ:りりえ いーぶい
もっているバッジのかず: 0 こ
ポケモンのかず: 1 ひき

「あのときは凄くごねたんだよ。イーブイと一緒に戦うんだから名前にちゃんと書く! って言って。
 結局カスミさんのヒトデマンに手も足も出なかったんだけどね」
 ニビジムの前で三匹と一人が輪になって座っている。
 壮行式じみた場の雰囲気に呑まれたのか、意気込みが零れたのか。リリエが大げさな仕草で語る。
 所謂「はじめてのじむばとる」にキングドラとドククラゲは笑った。シャワーズは少し頬を赤らめていた。
「後でカスミさんが教えてくれたんだけど、その登録用紙は勝った時に保管されて、チャンピオンロードとか四天王戦とか、そういうののとき提出されるみたい。
 まあ、私もいずれ……とは思うけど。今は最初のおっきな目標めざして」
もっているバッジのかず: 7 こ
ポケモンのかず: 6 ひき
 この状態でハナダジムに挑むこと。本気のカスミに正面から打ち勝つこと。
 最初にリリエが語った目標だ。少なくともこの場の三匹は、是が非でもそれを叶えてやるつもりでいる。
「ならばまず、最初のジムバッジを手に入れなければならないな。
 私たちの名前は書いてくれるなよ? 岩タイプのジムに挑戦してピカチュウが出てきたらどうしようもない」
 キングドラが言葉に皮肉のニュアンスを乗せる。
 このポケモンの言葉がわかる少女は、そんな些細な声音も嗅ぎ分けるようだ。
「それは大丈夫!
 あのときから気持ちは変わってないし、私一人の名前を書くつもりもないけど。
 チーム名でもいいんだって。チャンピオンになるまで名前が変わらなきゃ。
 だからね、最初から、挑戦することにしたの」
 リリエは受付からもらって来た登録用紙を土の上に置いた。
 名前を残してすらすらと書き連ねる。バッジのかず、0こ。ポケモンのかず、3ひき。
 そしてバッグから、試験管大のインク壜を取り出して、ぶちまけた。
 耐え切れず、キングドラが笑い声をあげる。
 流れ出た真っ青なインクが、名前の欄をべたべたと埋め尽くしていた。
「これは、言い訳が聞かないな!」
「私の決意表明だよ。一緒に戦ってくれるみんなと、これから戦うトレーナー全員に」
 青、つまり水タイプ、水ポケモン。
 カントーで水タイプ使いといえば、ハナダジムジムリーダーのカスミ以外にない。
 現時点では、まだ。

| comment(0) |


 gdr_a07 2009/11/26 (Thu)

 シードラは、良い鴨にされているな、と溜息をつこうとして、ふと思い直した。
 勝てる相手に何度も勝負を挑むのは、確かに嫌らしい。だが、シャワーズとドククラゲという構成は、本当に楽に勝てる相手なのか。
 少女の言により見えてきた相手の像は、二匹ともフルアタックの殲滅力のみを追い求めた構成で、確かにえげつない。
 だが、こちらの二匹も守りに関しては相応のものであり、専守防衛に徹すれば易々と突破されることはない。その上シャワーズの種族的な特攻値を見れば、守りつつ撃破することも十分可能である。
 ただ鴨にしたいのであれば、草タイプや電気タイプを連れて来るだけでいいのだ。電気はともかく草タイプの調達は容易だし、即興の構成であってもタイプ相性は抜群のアドバンテージとなるだろう。敵がそれを用いないのはなぜだ。トレーナーの矜持、プライドというやつだろうか。
 ならばその少女の幼馴染はなぜ、繰り返し勝負を持ちかけ、繰り返し勝利をもぎ取って行くのだ。
「それにね、卑怯なの! お姉さんがすごいトレーナーでね、ずっと旅をしてるんだけど、沢山沢山きあいのタスキを送ってもらって、いっつもそれで勝つんだ」
 きあいのタスキ。体力満タン時に一撃確殺級のダメージを負った場合のみ、微かなHPで堪え瀕死を免れるアイテム。
 相当優秀なアイテムといえるが、とんでもなく貴重だ。一度使ったら破けてしまうというのが、それに拍車をかけている。
 なおさらわからない。なぜそんなアイテムを使ってまで、容易な勝利を挙げて満足するのだろう。
「あんなレアアイテム使われたら、負けるに決まってるよ……。
 ごめんね、シードラ、私弱虫だね」
「いや、その気弱さは、人間と会話できるという私の充足を損なうものではないよ。
 それに、どんなレアアイテムでも、それの有無だけで試合が決まってしまうかというと、そんなことはない」
 そうだ。どんなアイテムも一長一短。きあいのタスキの破壊力は凄まじいものだが、その分戦法に組み込むのは難しい。どれほど優秀なトレーナーでも、その力を常時十全に発揮できているわけではない。
「相手が何度も同じ戦法で来るというのなら、それを逆手にとってやればいい。
 きあいのタスキにだって弱点は存在するし、そこを突くのは難しいことでは」

 シードラは口を噤んだ。二対二の戦いで不安定なフルアタ構成、湯水のごとく消費されるきあいのタスキ、そしてシャワーズとドククラゲのパーティで一度も勝てない。
 きあいのタスキというレアアイテムのせいで、負けて当然、いかに相手の隙を突いて勝ちを取るかに向かっていた思考が、冷めていくのを感じた。それは興味や熱意の消失ではない。体の細い部分から湧き上がってくる、純然とした畏敬によるものだった。
「相手がきあいのタスキに頼った戦法ということはわかった。きあいのタスキは確かにレアアイテムだが、それが単純に思いつく中で最も効果が発揮されるのは、フルアタ同士のノーガードの殴り合いの中でだ。
 守り型二匹がここまで完封されるほどのアドバンテージではない」
 きあいのタスキにも勿論弱点がある。そもそも言ってしまえば、限定状況下で一ターン稼ぐ程度の能力でしかない。その一ターンすら稼げない場合もある。
「勝って当然、負けて当然ではないよ、これは。いつだって相手の勝利は綱渡りだったろうし、お前の敗北は紙一重だったはずだ。
 いいか、きあいのタスキは攻撃を受けた際にHPを1残すアイテムだ。優秀だな。
 だが、一度毒や火傷を負うだけでそのアドバンテージは無意味なものとなる。毎ターン微かなHPを失うこの状態異常にかかってしまえば、きあいのタスキなどただの布くずだ」
 驚愕に目を見開いた少女が嚥下するのを待ちながら、シードラはゆっくりと言葉を紡いだ。自分が抱いた相手への尊敬を少女にも共有して欲しかった。
「相手は二分の一の確率で毒タイプが出てくるという、すこぶる不利な状況で、きあいのタスキを活用する術をお前相手に磨いているんだ。決して安易な勝利を稼いでるわけじゃない。
 何がそうさせるのかはわからないが。執念か矜持か。……どんなトレーナーになりたいのか、伝わってくるよ。正直尊敬する。
 お前はどうする?」

| comment(0) |


 雑記 2009/11/26 (Thu)

キルボーグ相変わらず面白う。

| comment(0) |


 gdr_c06 2009/11/26 (Thu)

 カントー地方にはセキチク、グレン、マサラを結ぶ19から21までの水道がある。
 この三つの水道をまたぐ巨大なメノクラゲの群れについて、カントーの海に住む水ポケモンたちで知らぬ者はいない。
 湾内に広く分布するメノクラゲは、カントーのトレーナーたちにとって最も遭遇率の高いポケモンの一つだが。数ヶ月までは群れと言っても点在する小さな纏まりで、はぐれも多く存在していた。
 それを北から流されてきた一匹のメノクラゲが、瞬く間に纏め上げてしまったのだ。
 タッツーは自分たちの群れの時期リーダー候補として、そのメノクラゲを遠巻きに眺めたことがある。
 そのメノクラゲの群れは、全てが集まると小島ほどの大きさになると言われていたが、そのときは数匹のメノクラゲを中心に、十匹から二十匹ほどの纏まりが護衛するかのように流れていた。
 中心のメノクラゲのうちどれかなのだろうと、護衛たちに睨まれぬように観察すると、青い体に大きな赤い水晶を二つ持った通常の個体とは別に、紫の体に緑の水晶の、いわゆる色違いのポケモンが三匹居た。
 その中のどれかがボスなのだろうと、随伴していたシードラの一匹に尋ねてみると、彼の答えは否であった。
 メノクラゲの群れのボスは、その三匹を侍らせているのであって、内のどれかではなく通常色であるという。
 タッツーは色違いのポケモンと遭遇する、確率というやつを考えて眩暈を起こした。それが三匹。
 珍しさではない、この巨大な群れを統率する根拠は断じて珍しさではないのだ。体がずば抜けて大きかろうが、例え足が一本多かろうが、色違いの珍しさと神秘性に敵うものではない。ならば強さか。
 ふとタッツーの脳裏に閃くものがあった。色違い三匹分を上回る低確率。強さに直結する。ああ、正しくあのメノクラゲは、この巨大な群れを腕っ節で治めているのか。
 HP、攻撃、防御、特攻、特防、素早さ。この六つに生まれつき0から31まで与えられる才能と呼ぶべきもの、固体値。
 ほぼ間違いなく三つ以上、固体値31があるのだろう。それを持ってすれば、色違い三匹を従えるなど、造作もないことだ。

| comment(0) |


 gdr_b05 2009/11/25 (Wed)

「私たちポケモンはトレーナーに攻撃できない。ポケモンバトルの基本的なルールだ」
 当たり前のことを言った自分に、素直に頷き返すトレーナーに気を良くしながら、シードラは続けた。
「だがこの言葉は正しくない。正確には、トレーナーにポケモンわざを繰り出せない、だ」
「どう違うの?」
「私はお前に常々、相手の言葉に惑わされるな、と言っていたよな?」
「うん、バトルに勝つためには冷静な心が必要なんだよね。何を言われても焦っちゃいけないし、怒りで前が見えなくなるのはサイアクだって」
「そうだな。これはトレーナーとしては常識だ。
 大抵のトレーナーはクラッシュトークを想定しているし、ほとんど初見の野良バトルで急所やトラウマを抉るような凄まじい言葉が飛ぶこともない。
 だが、どんなトレーナーもバトル中に全く動揺しないかというと、そんなことはない」
「私もきっと、シードラが一撃で倒されちゃったりしたら、頭の中が真っ白になると思う。そうしたら後はずるずるだね。
 まだまだ精進が足りませんっ」
「そうだ。ポケモンの攻撃で、トレーナーは容易に精神を乱される。これは禁止されていないよな?」
「そうだね……。当たり前だったけど、そういう言い方もアリかな」
「自分のポケモンが一撃で倒される。動揺するよな?
 相手のポケモンと、相手のトレーナー両方にダメージを与える。二重の意味で攻撃技だ」
「攻撃技? えっと、対になるのは補助技だけど……。
 トレーナーはねむりごなで眠ったりしないよ」
「夜中の三時に突然バトルを挑まれて、相手のポケモンがさぞ気持ちよさそうな"あくび"をしたらどうだ」
「あ、それは、うん。かなり眠気がクるね」
「そうだ。やりようはいくらでもある。相手のトレーナーに、ルールを破らず補助技を仕掛けることは確かにできるんだ。クラッシュトークはバトルのルールによって無効化されたのではなく、広く知れ渡って対策が練られすぎたに過ぎない。
 だから服を着ろ、水着のおじょうさん。
 そしてジムリーダーを"こんらん状態"にしてやれ」

| comment(0) |


 gdr_b04 2009/11/25 (Wed)

 優れた特殊防御とヒットポイント、そして試合展開を緩慢にする麻痺、眠りの状態異常。
 伸びきった時間の中で、相対的に充填時間を減らし連発されるソーラービーム。
 こうした待ちの戦いを得意とする草タイプにとって、戦術の根幹に位置するのがやどりぎのタネである。
 毎ターン相手のHPを八分の一ずつ奪うこの優秀なわざを、正に狙い撃ちする特性があるのだが。多くの草使いはそれを記憶の彼方に追いやっている。
「そんな……っ。まさか、ヘドロえきですか!?」
 エリカの驚愕は狙って引き出されたものだ。
 相手にダメージを与え、自分は回復するHP吸収技の、回復分のHPを逆に奪ってしまう特性。やどりぎのタネにとっては正しく鬼門である。
 しかし、通常やどりぎのタネを据えた戦術で想定するのは、それを含めた補助技を封じるちょうはつ、そして効果がない同じ草タイプと、みがわりだけ。
 本来最も警戒すべきヘドロえきが一切考慮されないのは、その特性の持ち主がメノクラゲ、そしてドククラゲのみだからだ。それは二匹のタイプに起因する。
 水と毒のタイプを併せ持つ。
 これらがカントーで草タイプを相手取る試合など、誰も想定しないだろう。
 カントーの多くの草ポケモンは、毒タイプを併せ持つことがほとんどだ。カントーの草タイプは草毒タイプであると言い切っても良い。
 草タイプが水タイプにとって相性が悪いのは子供でも知っている。それでもかち合ってしまう時は、サブタイプの技で押し切るのが一般的なのだが、毒に毒は効かない。
 つまりドククラゲは、草タイプを相手にした場合、ほぼ確実に手詰まりとなってしまうのだ。やどりぎのタネがどうこうの次元ではない。
 だからこそ、草タイプ使いはやどりぎのタネについて熟考する際、一度はヘドロえきの存在に触れ、そして実戦をこなす内に忘れていく。
 本来回復するはずの技でHPを減らし、苦しむ己のフシギソウに目を向けながら、同様にやどりぎのタネを植えつけられたことで苦しむドククラゲの鳴き声に思考をかき乱されながら、エリカは慌しく次の指示を出す。
 その指示は幼いころから研鑽を重ね、草タイプのジムリーダーに就いてからも日々磨いてきた経験による条件反射そのものだった。
 ジムリーダーの経験による条件反射。その指示が相当の錬度を持つ戦法から吐き出されたものであることに疑いはない。エリカははしたなくも唇を舐め、崩された精神の安定を取り戻さんとする。だがそれは適わないのだ。
 エリカが己の経験から弾き出したと自己判断したその指示は、水タイプ三匹で草ジムに挑むという、本物の想定外を相手取る場合においては、正しく悪手だった。

| comment(0) |


 gdr_a03 2009/11/25 (Wed)

 落下する川の流れが、滝つぼの中央にある見事な岩肌に叩き壊されている。
 平時、森中にこだまするであろう水音は、徹底的に輪郭をぼかされ、定かでない。
 シードラが呼び込んだ豪雨が、滝そのものを叩いている。
 周囲に蔓延する轟音、水の音が、
 川はほぼ氾濫寸前で、川辺にあった背の低い草たちはすでに飲み込まれている。その曖昧な境で、少女が叫んでいた。青い唇。
「みつけた! みつけたよ! ……あなた……つがいはいる!?」
 大人に引けをとらぬ長身で、すっきりと伸びる手足の白さが際立つ。
 反対に幼い顔立ちと、どこか不安定な骨格が、彼女の年齢をつぶさに物語っていた。
 前の感覚と照らし合わせてみれば、まだ中学生にもならぬ年齢なのではと、シードラには思われた。
「おねがい! 話をきいて! あなたに、あなたが!」
 シードラはこの雨の中で、のどの嗄れを恐れず張り上げる彼女に呼びかけられている何者かが、自分であることにようやく気づいた。
 そうして彼女の言葉を今一度反すうし、なんとも場違いな問いかけだと、含み笑いをした。
 ふと豪雨が途切れる。蓄えた流れをまとめて落とした滝が、爆音を響かせる。
 森から音が消える。
「つがいなど、そんなものはいない」
 たわむれに返事をしてやった。
 ポケモンが、呼びかける人間に一声鳴いただけだ。そこに人間をつたなく満たしてやる以上の意味はない。
 シードラを満たす何かが訪れることはなにも、
「よかった……! じゃあ、私のポケモンになって! ください!」
 シードラは身構える。理性が理解するのを躊躇ったため。
 無意識に逆立ったトゲを見て、少女は頓着せずに腰からボールを投げて一歩下がった。
「私のポケモン、今はイーブイだけど、この子がシャワーズになったら、あなたにもう一度会いにきます。
 そのとき、私たちと一緒に冒険しよう?」

| comment(0) |


 gdr_a02 2009/11/23 (Mon)

 私は新しい体と新しい生について、第二の人生ではなく人生の余暇と定めることにした。
 前世の記憶と思考を引きずっていた。新しいたましいが貰えなかったのだ。
 生まれたての体に一定の思考能力と判断基準が宿っていることが、常に大幅な利点であるかというとそんなことはないらしい。
 二度目の難題を前にして、一度目の経験が役にたたないとわかってしまえば、そこに喜びなどなく、困惑と倦怠感のみが体中を支配している。
「水棲のこの身体にとって、炎に焼かれて死ぬことは正しい死に方なのか、どうなのか……」
 呟きが気泡となり海面へ上っていく。海流がうずを巻いている。
「つまらないことを考えている」
 死に方など、たましいの磨耗に怯え、余りだす時間の莫大さに倦んでから考えればいい。
 確かに、身体が高熱で焼かれていくさまは胸をうつものだった。あれは失敗ではなかった。
 こうして記憶を保持して転生してしまった以上、成功でもないのだろうが、幸運程度に考えておけばいいのだ。
「炎が頭から離れない、もっと生産的なことを考え、いや、生まれたばかりで生産的とか、もっと気楽に、でも魚の腹におさまるのは」
 それは嫌だ。
「もっと強い、もっと激しい炎で……それは自然なさまか?
 燃え上がる、そうだ、雷に撃たれれば」
 かみなりの命中は70、そこそこ外れる。
「そういう世界なんだ。納得しろ」
 上司に叱責されたサラリーマンのように、私は落ち着いた。
 ああ、この表現は悪くない。前世を思い出す。
 餌を得るために動き出す。体のまわりで海流がうずを巻いている。

| comment(0) |


 gdr_a01 2009/11/23 (Mon)

 冬の日の火葬場で、燃え上がる炎と私の命が、降りしきる雪を溶かし押し上げていた。
 死への憧憬など持ち合わせていなかった。だが、焼かれていく骸は、私の短い生涯で一番の輝きを放ち、美しさというものを今更ながらに教唆する。
 これが死か、と私の口が崩れてしまう前に呟いた。
 目も耳も口もない、たましいと呼ぶべきものへ昇華する寸前の行いだった。私は安堵していた。
 こうやって人は死ぬのだ。このように眠るのだ。
 生きていた頃の私の行いに、恥じるべきことは然程なく、罵るべきこともなかったが、誇るべきこともまた、なかった。
 炎に焼かれ、骨が崩れ落ちていく。私の誇るべき死と、美しい死をつくりあげている。
 生まれ、生きて、納まるべき場所に納まるのだと知った。
 火の粉の散る音が遠く離れていく。私の耳が、私のたましいの一部となる。
 誇るべき死を鮮やかに覚えていたくて、視界がかすれる前に、私は目を閉じた。

| comment(0) |


 雑記 2009/11/22 (Sun)

最近SS書いては、うわぁこの主人公嫌いzzz
とぽしゃぽしゃしまくってるんですが
主人公の何割か何分かに自分の要素混ぜると書きやすい っていうのを
ふと思い出して、そーいややってるよなーと没プロットに目を通しました
あれ…?もしかして自分嫌いか…?
いや私は自分大好きなはず…
おかしいな…

性格:れいせい が諸悪の根源のような気がしなくもない
むしろ冷静じゃなくて高飛車でいくべきか…? これなら書けそうなきがする!

| comment(0) |


 雑記 2009/11/20 (Fri)

つい徹夜明けで親切心(じゅんすいな親切心!ほんとに!)から
理想郷の検索板で上がってたのを一つがんばってしまったんだ
まさか一つ上のレスがじえ… いやなんでもない

| comment(0) |


 雑記 2009/11/18 (Wed)

つなビィつけましたー。今更
やはり結構前に垢だけ取って放置してました
そういうのホント多い

最初はSSリンクの下に入れようと思ったんですが、
雑記ばっかりの投稿の中、わざわざ過去ログ見る人もいないだろーと
カレンダー、アーカイブ、カテゴリあたりを全部削除してたので
最新の記事は上にないとなぁ…と思い直しこの位置に

| comment(0) |


 雑記 2009/11/11 (Wed)

elonashooter
最近一日が十数時間しかなくてどうしようかって感じだったんですが
これでどうにか二十四時間に戻りそうです
2ページ目? ハードコアモード関係はなかったことに
厨武器ですいません 勝手に進むゲームはどのジャンルもセンスが壊滅してて…


じつは紐糸日記のポケモンネタがひそかに楽しみだったりする

| comment(0) |


 雑記 2009/11/09 (Mon)

理想郷にポケモンネタきた…
実はここのところ雨パの話でプロットだらだらやってた
ポケモンの二次流行ればいいなぁ…

| comment(0) |


 雑記 2009/11/02 (Mon)

サイトのごみ群まとめ。
前から書き投げの気はあったんだけど、
今年は特にひどい。

関係ないけど、藤原伊織氏が死んでからまともに小説買ってない。
最後に買ったのはリヴァイアサンと戦国仏教?とかいうやつ。まずいな…。

ロウきゅーぶは2巻まで読んだ。

| comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。